夢の中へ!プリンスエドワード島 赤毛のアンの世界へ<7日間>
(08月11日出発)

たいへんお世話になりました!
おかげさまで17日夜、無事に、帰国しました。

伊丹のターンテーブルで、スーツケースの「カナッタ!」シールを見た時、
「本当に夢がかなったなぁ…」と、自然と幸せな涙がこぼれました…

ims001そして、
キャベンデッシュ・キンドレッドにての、サプライズのお誕生日!
本当にびっくりして、やはり涙でした。

人生で一番長い「8月11日♪」と、ひとり悦にいってましたが、
こんなに丁寧にお祝いしていただいて、
こどもの時のお誕生日を思い出させてもらい、
まったく幸せなお誕生日でした!
ありがとうございました!

お天気にも大変恵まれ、
PEIで、やりたかったこと、みんなみーんな、できています。
それも、走り回ってではなく、キチンとのんびり(笑)できていました。

ims002小さいころ、「赤毛のアン」で漠然と
「こんな風に生きてみたい」と、何十年、まがりなりにも過ごしてきましたが、
「これでよかった?」との答えをさがしにいったのかもしれません。

答えは、島の人々がよく言ってた「It’s OK!!」でした。

PEIのくらし、歴史…あっての、モンゴメリで、赤毛のアンなのですね。
自然・勤勉勤労・ヒトが好き・ユーモア・アイランダーとしての誇り…
そんな背景を、「満喫一日島観光ツアー」で、
ガイドさんに丁寧に説明していただき、心から感動し、勉強しました。

PEIの大地に立ってみて、本当に良かった!
社会人のタマゴの娘にも、かなり心に沁みた旅だったようです。

現地ガイドの皆様にも、本当によくしていただきました。
島への愛情と、お仕事のプロフェッショナルぶりも感動しましたし、
ぜひ背中を追いかけて、明日からの仕事をがんばりたいとも思いました。

ims003ご心配おかけしました、
モントリオールでの「ノートルダム寺院・弾丸ツアー」ですが、
前日、島南部ツアーで知り合った親子さんと、空港で再会。
そこで「シェアして是非ご一緒に♪」ということになり、
11歳の女の子含む4人で、リーズナブルに決行できました!
そちらのお母さんは、旅慣れた方だったので、
帰りのタクシーも難なくひろえて、
余裕に10時には戻ってこれて、空港で最後のランチもいただけました。
やはり、荘厳な青の聖堂は、素晴らしかった…行けて良かった!

ただ、タクシーのフランス語なまりのおじさんが、
あまりにも豪快な運転で、あわや追突事故かも?のシーンもあり、
それも「It’ OK.」で、仰天しましたが…(汗)

当面、あの島の風景の余韻の中で、暮らすことになるでしょう。
それはそれは、とても幸せなこと。.

ims004本当に、心のこもった、忘れられない、心に刻まれた旅を、
ありがとうございました!

また、カナダの大地に立てるように、稼がねば! こどもたちも!
その時には、ぜひ、森田さん。
よろしくお願いいたします。

♪いしおか みほ♪


追伸
★そうそう!
現地についたら、オプションのレストラン「ミル」さんでの夕食。
従業員の方が急にお休みされ、店休日となり、
ガイドの方のお手配にて、
当初の第一希望だった「パール」さんにてのお食事ができました!
それはそれは、懐石料理のように、
お料理から接客、雰囲気まで、最高級と評されてるみたいだけあり、
堪能させていただき、幸運なアクシデントでした (#^.^#)
こちらも「カナッタ!」ですね うふふ

<後日、、、>

読み返してみて、
もっと、カナッタ!さんのHPをのぞいてくれる方々に
我々の感動した、カナダの自然や、出会った愉快な人々や、
素敵な街の様子、イベント、ミュージカルなどを
書き込めばよかったと…(汗)

・グリーンゲイブルズあたりの森は、リスが野良猫よりウロウロしてたこと。
・お店で働く人はかならず「どう?」と伺いにきてくれること。
・シャーロットタウンの夕暮れ、海沿いの遊歩道を
  たくさんの市民がのんびり風にふかれて散歩していたこと。
・ミュージカルの観客は、おじいちゃんたちも
立ち上がってワッハッハーと大ウケしてたり、
・劇がはねてから劇中で登場したアイスクリームを
劇場前のショップで幸せそうに夜中なのに堪能してたり。

・モントリオール空港でも、写真付きのご案内のおかげで、
乗り継ぎも難なくすんなりいき、
最新式の入国審査も迷わず機械操作できて、ちょっと自信ができたこと。

もっともっと、旅がしたいなーと思ってもらえるあれこれを書けばよかったと…
ごめんなさい!

少しでも、お役に立って、
一人でも多くの方に、
カナッタ!さんの手によって、
カナダの虜になって、我々のように
幸せになってほしいと願っています!

石岡 美保 様(京都府)、すみれ 様(岩手県)

<カナッタ!からのコメント>

昨年11月、年末年始にご来店希望の調整がつかず、
今年の連休明けにご主人様と奥様でご来店になり、
ご同行のお嬢様は 岩手県でお仕事の為 、お母様経由、
又はメールでのご連絡で旅プランは進行します。

プリンスエドワード島のキャベンディシュ村3泊+シャーロットタウン2泊 7日間のツアーです。

往路は、お母様は伊丹空港から、岩手県からのお嬢様と成田空港でジョイントして飛び立ち、
永年の夢「プリンスエドワード島」で、のんびり、ゆっくり、そして贅沢に過ごされます。

半年以上かかって、お二人は事前にかなりお調べになっており、せっかくなら!と、
2日目のご夕食はサンセットビーチ散策が組込まれたダルベイバイザシーで、
3日目は文中にもあったように、結果的に第一希望のレストランで、
4日目のシャーロットタウンではミュージカル「赤毛のアン」も鑑賞になり、
何と言っても、とどめは、お母様の文中にある、
      ↓
モントリオールでの「ノートルダム寺院・弾丸ツアー」とは、
帰国便の乗継での時間を利用されての一コマです。
プリンスエドワード島でお知り合いになられた方と、
モントリオールエッセンスを楽しまれたことでしょうか、、(笑)。

プリンスエドワード島のツアーは、他にも多くありますが、
カナッタ!では、皆様の長年の夢を叶えて差し上げたく、
ご滞在はのんびりと、且つ出来る限りの調整を加えさせて頂く事を念頭に置いています。
ですので、ご出発までに皆様のファイルは「ご希望」でどんどん分厚くなっていきます。

石岡様も、お嬢様とお二人で、それはそれは無駄なく、濃密な島の旅を満喫され、
復路は、ご一緒に伊丹空港に降り、揃ってご実家の京都でお盆休みを、、という仕上がりです。

まさに、「It’s OK!!」
ページトップへ戻る