カナディアンロッキー!ゆっくり鉄道の旅<8日間>
(9月4日出発)

9月4日~11日
カナディアンロッキーでお世話いただいた 梁川、Hです。

帰国後 雑用に振り回され御礼が遅くなり失礼いたしました。

カナディアン号エコノミー車は ガラガラで皆 一人で2席以上使い
(向かい合わせで使える席は 1車両に4箇所くらいしかなかったような)
ゆったりと寝られました。

hnhc001早朝に朝焼けから見ようと 2階へ上がり 2階先頭席に行き
(ここだけ テーブル付 4人迎え合わせ席)景色を満喫していると 
あっという間にジャスパーに着いた感じでした。

日本人の私達と同年輩の3人組みの女性グループと仲良くなり、
展望車は 本当に楽しかったです。
昼食の予約を入れるのが遅くなってしまい
食堂車での昼食時間が2時になってたのですが(勿論 それでOK)
1時ころ 「よかったら展望車で用意しましょうか」と言いに来てくれて
二人で夜明けから座っていた 最前列 4人がけテーブル席に白布をかけてくれ、
3人組にキャッキャッ言われながら景色もおかずの
ステキな ステキなランチをいただきました。
この車両の係りの方には トイレの水洗ボタンから始まり、
お世話になりましたが とても親切で いい方でした。

hnhc002ジャスパーの 「ウィスラーズイン」、3箇所のホテルの中で 最高でした。
ステキな内装に暖炉の付いた広々としたお部屋、
朝食も 丁度いい量でサービスしてくれ(ハムが美味しかった)
バイキングでないのも いいなと思いました。
ガイドさんは ジャスパーからバンフでお世話になった方が 素晴らしかったです。
(私が今までお世話になったガイドさんの中で最高!です。)

ジャスパーからバンフに移動中 あいにくの悪天でしたが
彼女の暖かい心配りで かえって いい思い出が残りました。
私のヘラジカ好きを即感じていただけたのか
ヘラジカの超立派な角に触れて 重さを実感できるという幸せも
彼女のおかげでいただけました。(後で見たみやげ物屋のそれとは別格の立派さ!)
私達二人専属という ラッキーさもありましたが バンフ フリーの最終日も
「前日よく見えなかったレイクルイーズに もう一度バスで行ってみようと思う」と申しましたら、
即 時刻表を用意してくれていて びっくりしました。

翌朝 インフォメーションを訪ねてからでは 昼からの便になっていました。
お陰様で 翌朝 8時半の朝のバスに乗れ 一日を 有効に過ごせました。
バンフからカルガリーの移動が 雪で高速道路が事故だらけというアクシデントで
1時間半の行程が5時間近くかかり ぎりぎりで搭乗できました。
途中車の中で 冷や汗たらたらでしたが ここでも 男性のガイドさんが
落ち着いた御対応で 頼もしかったです。

H・Cさんは 亡きお父さんと二十歳頃にまわった思い出の地、
私には初めて訪れた 憧れの地。
お蔭様で すばらしい思い出ができました。
又 バンフに ゆっくり滞在してみたいです。

他のガイドさんも とても良かったです。
本当に 有り難うございました。                    

梁川 信枝 様、 H・C 様(和歌山県)

<カナッタ!からのコメント>

5月中旬のお見積り依頼では、「7月、9月、10月で行けたらと思っています。
2人共 主婦ですので 出発の曜日はいつでも問題ないのですが、 予算が沢山ないので、代金をできるだけ安く抑えたいと願っております。」と・笑。
担当者と骨格のシンプルなやりとりだけでご予約に進み、軽やかにご旅行日を迎え、 外国の鉄道旅行をキャッキャと楽しみ、出てくる料理、出てくる料理を美味しく平らげ、 出会い、ふれあいを大事になさった仲良し主婦さんのカナダ鉄道旅行はシュッポー♪♪♪

関連プラン

ページトップへ戻る